らしい 【推測】  接続・用法・例文 JLPT N4 

【接続】

普通形 +らしい

注)な形容詞/名詞 +らしい

【用法】

状況からの判断や推測を表す。

似た表現に「~ようだ」もあるが、「~らしい」には伝聞の用法もあるため、無責任な印象を与える場合がある。責任をもって発言せねばならない場面などでは、「~ようだ」のみ適切なこともある。

例)

警察官:(×)犯人は、何か硬いもので窓ガラスを割ったらしいです。

    (〇)犯人は、何か硬いもので窓ガラスを割ったようです。

【例文】

  1. (ドアをノックする音を聞いて)誰か来たらしい。
  2. (サイレンを聞いて)火事があったらしい。
  3. (電気がついている)木村さんは、まだ起きているらしい。
  4. (机のそばに鞄がない)彼は今日休みらしい。
  5. (荷物を運んでいるのを見て)あのうちは、引っ越すらしい。