といったところだ/というところだ 【程度・話し手の評価】  接続・用法・例文  JLPT N1 

【接続】

名詞 といったところだ/というところだ

【用法】

程度を説明する表現。

「だいたいそのレベルだ」という言い方。

そんなに程度は高くないという話し手の評価を含める。

【例文】

  1. ドイツ語ができると言っても挨拶程度といったところだ。
  2. 料理をしますか?はい、でもカレーやみそ汁といったところですね。
  3. 毎日ジョギングすると言っても、3キロといったところだ。
  4. 給料がいいと言っても、40万円といったところだ。
  5. アニメが好きと言っても、ドラえもんやちびまる子ちゃんといったところだ

(アニメの初級という感じ)