どころか【程度の強調・予想外・付加】 接続・用法・例文 JLPT N2

【接続】

名詞/名詞+である      どころか

な形容詞な/な形+である

い形容詞い

動詞辞書形

【用法】

程度の強調を表す。

「(前節)は当然で、それだけではなく(後節)はもっと(程度が高い/低い)」という言い方。

後続で相手にとってやや予想外の情報を付加する。

肯定文・否定文どちらも使われる。

【例文】

  1. 中田は日本どころか、世界で有名な選手です。
  2. A:「その本、難しいですか?」

B:「難しいどころか、専門家でも理解するのに時間がかかりますよ。」