はもちろん/はもとより 【例示】 接続・用法・例文 JLPT N2

【接続】

名詞  はもちろん/はもとより

【用法】

代表物を例として挙げる表現。

ある分野の代表的なものを取り上げ、「それは当然で、その他も当てはまる」という言い方。

類語表現:「はもちろんのこと」

【例文】

  1. 国際交流パーティーは世界各国の料理はもちろん、ビンゴなどのゲームも行う。
  2. 京都の観光客はアジアからはもちろん、世界各国からも来ている。
  3. 父は仕事はもちろん、その他に家事もしてくれる。
  4. 上田さんは英語はもちろん、フランス語も話すことができます。
  5. このアイスは夏はもちろん、冬でもよく売れます。