てごらん 【指示】  接続・用法・例文  JLPT N3 

【接続】

動詞て形 ごらん

【用法】

指示を表す。

相手に対して試しに何かをするように促す。

親密な言い方で近しい関係で使われる。

通常、親から子供へという様に、立場が上の人から下の人に対して使う。

【例文】

  1. 失敗してもいいから、もう一度やってごらん。
  2. 納豆だよ、食べてごらん。
  3. おいしいよ、飲んでごらん。
  4. 月が出ているよ、見てごらん。
  5. この漢字、書いてごらん。