なおす (2)【非意思的行為】  接続・用法・例文  JLPT N3 

【接続】

動詞ます形 直す

【用法】

一度行った事をもう一度行うという表現。

人の意思にかかわらず、自然な結果として何かをするという言い方。

用法は非常に限定的。

例、

「持ち直す」:自然な結果として病気や景気が回復する意味。

「惚れ直す」「見直す」:自然な結果として良い点を再評価するという意味。

【例文】

  1. 日本の景気は持ち直した。
  2. 患者の症状は持ち直した。
  3. ピアノを弾く夫を見て、惚れ直した。
  4. 彼のイメージは悪かったが、直接話して見直した。