いじょう(は) 【原因・理由】 接続・用法・例文  JLPT N2 

【接続】

動詞 普通形      以上(は)

名詞   である

な形容詞 である

【用法】

原因・理由を表す。

ある理由・原因・事情があり、そこから考えたら当然~する。

「~だから、当然・・・だ」という言い方。

後続では「最後までやるべきだ、はずだ、つもりだ、にちがいない、てはいけない、したい、してほしい」などがよく使われる。

類義表現に下記がある。

「からには」:話し手の意思及び相手への働きかけとしてよく使われる。

「以上は」:規則や一般論を述べる。

「上は」:厳しい状況で、選択肢が無いという言い方。

【例文】

  1. 自分で言った以上は、約束を守ります。
  2. 学生である以上、勉強を頑張らなければならない。
  3. リーダーになる以上は、先ずみんなの事を考えなければならない。
  4. 悪いことをした以上は、謝らなければならない。
  5. 事故を起こした以上は、責任と取らなければならない。