の/のだ/んだ/んです (2)【説明・主張】  接続・用法・例文  JLPT N3 

【接続】

普通形       の/のだ/んだ/んです

(な形容詞 な)

(名詞   な)

【用法】

軽い断定を表す。

「こういう状況なんだ」と軽く説明したり、主張したりするときに用いられる。

通常、「~の?」「~んですか?」と聞かれたら、呼応するように答えも「~の」「~んです」という事が多い。

「~の」は主に子どもや女性が用いる話し言葉。

発音は下降調イントネーションとなる。

【例文】

  1. お父さん、怒っているみたいなの。
  2. 私、これが好きなの。
  3. 明日は休みなの。
  4. 明日は用事があるんです。
  5. 私、肉は食べないの。
  6. うちのお父さん、すごく頑固なんだ。