があります/います (2)【存在】 接続・用法・例文 JLPT N5 

【接続】

名詞 が あります

名詞 が います

【用法】

「あります」「います」は存在を表す。ある物や人、動物が存在すると説明する表現。

「あります」は物や概念に関して使われ、「います」は人、動物、虫など生物に関して使われる。

存在しているものは助詞の「が」で表されることが多いが、「は」で表すことも可能。(参照:「は」と「が」の違い)

【例文】

  1. 子どもがいます
  2. がいます
  3. 1台あります
  4. スミスさんがいます
  5. お茶とコーヒーがあります
  6. がありますか
  7. がいますか