わけだ (2) 【説明】  接続・用法・例文  JLPT N3 

【接続】

動詞普通形     わけだ

い形容詞普通形

な形容詞な

名詞の

名詞な

名詞である

※「名詞な」は口語

【用法】

要約の表現。

「つまり~わけだ」のように他の言葉で言い換えて説明する。

「つまり」「言い換えれば」「要するに」などと一緒に使うことが多い。

【例文】

  1. 彼は来週まで旅行に行っています。どうやっても会議に参加できないわけです。
  2. 彼の父は料理人です。つまり料理を習う環境があったわけです。
  3. この大学の学生はアルバイトを良くします。言い換えれば、勉強しなくても卒業できるわけです。
  4. 彼は科学者です。つまり危険な物の作り方を知っているわけです。
  5. 彼は日本人だ。地震の怖さをよくわかっているわけだ。