【接続】

動詞た形  とおり(に)

動詞辞書形 とおり(に)

名詞の とおり(に)

名詞  どおり(に)

【用法】

基準を表す。

「~と同様に~する」「~と同じ状態で~する」「それを基準にして~する」という言い方。

類義表現に「にそくして」「にそって」がある。

「とおりに」は他の用法と違い名詞以外に、動詞にも接続することができ、また他の表現より「同じ状態で」という意味合いが強くなる。

「動詞た形 とおり」では「基準となるものが発生し、そのあとでそれと同様に~する」という意味だが、「動詞辞書形 とおり」では「基準となるものがまだ発生しておらず、これから発生したら、それと同様に~する」という意味を表す。

例:見たとおりに、話してください(すでに発生したこと)

例:私が発音するとおりに、発音してください(これから発生すること)

「動詞ます形+どおり」という接続もあるが、接続可能な動詞は限定的で思考にかかわるものが多い。

例、

「私の考えどおり、」

「思いどおりに」

【例文】

  1. 私が発音するとおりに、発音してください。
  2. 見たとおりに、話してください。
  3. 計画のとおりに、旅行します。
  4. 思いどおりに、絵を描くことができました。
  5. 予報の通りに雨が降った。