おきに 【期間・基準・反復】  接続・用法・例文  JLPT N3 

【接続】

数量詞 おきに

【用法】

基準を表す。

基準となる時間や距離を表す言葉につき、何度も行われる様子を表す。

その時間や距離をおいて、同じ行為がなされる場合に用いられる。

類義表現に「ごとに」がある。

1という数字に付く場合、両者の意味が変わる

・1年おきに会議がある(2年に1回)

・1年ごとに会議がある(1年に1回)

【例文】

  1. バスは10分おきに来ます。
  2. 電車は3分おきに来ますから、とても便利です。
  3. 3時間おきに薬を飲んでください。
  4. ここは10メートルおきに桜の木があります。
  5. ここは50メートルおきにコンビニがあります。