によって/により/による (2)【根拠】  接続・用法・例文  JLPT N3 

【接続】

名詞 によって/により/による

【用法】

根拠や拠り所を表す。

「それを根拠として」という言い方。

何かを判断するときの基準を説明するような状況で使われる。

「例によって」は慣用的な言い方で、「毎度のように」「いつも通り」という意味。

前節と後節を逆転することもできる。その場合は「による」が用いられる。

例、「ボーナスの額は1年の売り上げによる。」

【例文】

  1. この会社では結果ではなく頑張りによって、社員を評価します。
  2. 明日の天気によって山に登るかどうか決めます。
  3. 私の学校では、生活態度によって成績が評価されます。
  4. 今後の活躍によって、そちらに大きな仕事を任せるかもしれません。
  5. この会社では、能力によって給料が上がります。
  6. 例によって、パーティーの前にみんなで写真を撮りましょう。